車査定 注意点|買取・下取り査定を受ける時の注意点とは?

車査定 注意点|買取・下取り査定を受ける時の注意点とは?

査定のポイント

 

車査定 注意点|買取・下取り査定を受ける時の注意点とは?

 

愛車の査定を受ける時に、気をつけるべき注意点には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

これまで乗ってきた車は当然愛着もありますし、「査定」と言われるとなんだか少し緊張してしまいすよね。せっかく大事に載ってきた車なので、少しでも高い査定額を付けて欲しいものです。

 

車の査定を受ける時に、知っておいた方が良いと思われる情報についてまとめてみました。

 

車を手放す時の方法は、

1.新しく車を買う販売店やディーラーに「下取り」として引き取ってもらう
2.車買取専門店に「売却」する
3.査定がつかないので廃車にする

と言ったところではないでしょうか。

 

 

どこで査定を受けるかで、査定金額が異なる事を知っておこう!

 

ディーラーは車を売る事が本業です。TOYOTAや日産などの自動車メーカーに年間の販売台数の目標を掲げ、それが達成されれば高額な報奨金がもらえます。

 

ですので、会社としても車の販売こそが目的であり、営業マンも販売台数で給与やボーナスも変わってきます。

 

車の「下取り」に関しては、あまり積極的ではありません。特に年式の古い車や、走行距離のい多い車に対しては、「うちで新車買ってもらえるなら、その車引き取りましょうか」位の感じです。要は、付帯業務なのですね。

 

下取りの査定は、中古車の買取相場に比べると、「平均で17万円も安い」というアンケート結果も有ります。

 

車買取専門店は、車を買い取ることが本業です。買取った車を翌日にはオークションで売却したり、海外の輸出したり、中古車として売れなくてもパーツとして販売したり、買取った車を販売して利益を出しています。

 

買取業者にとっては、車の買取は、「仕入」そのものなのです。

 

このように、「下取り」と「買取り」では、会社としての取り組みが違います。結果、買取業者の査定の方が高くなることは、ある意味当然だと思います。

 

 

買取専門店の間でも、査定金額は異なる事を知っておこう!

 

車の査定は、買取専門業者の方がディーラーの下取りよりも高い、と書きましたが、買取専門業者の間でも査定金額は異なります。

 

どういう事かと言えば、業者によって強みというか特徴が異なるからです。先程も少し触れましたが、例えば海外に輸出のルートをもっている業者は、年式が古い車や走行距離が多い車でも積極的に買取ります。

 

海外では、日本車ブランドは人気がありますし、走行距離10万キロの車なんてザラに走っています。

 

また、軽自動車に強い販売店、4駆に強い販売店など、それぞれ特徴があるのです。

 

業者が「欲しい!」と思った車には、積極的に高値を付けますので、業者間にも査定額の開きが出るのですね。

 

 

まずは愛車の査定相場を知っておこう

 

ディーラーで下取りの査定を受けるにせよ、買取専門業者の買取査定を受けるにせよ、愛車の査定相場を知っておくことは重要です。

 

なぜなら、知っておかないと提示された査定金額が「安いのか、高いのか、妥当なのか」が分からないですよね。

 

でもどうすれば、車の査定の相場って調べることができるのでしょうか?

 

こちらのサイトを使えば簡単にできます。

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。また、同時に複数の買取専門業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

一度試してみては、いかがでしょうか。

 

ディーラーとの「下取り金額の交渉に使うも良し」、「最高額で買ってくれる業者に売るも良し」です。

 

 

関連記事:査定前に必ずしておくべきこと|特に初めての方は必見です!
関連記事:車の査定に必要な書類って?何を用意しておく?