車の査定と走行距離について考える【車査定サプリ】

車の査定と走行距離について考える

車査定 走行距離

 

査定に走行距離が重視される理由とは?

 

車の査定に大きな影響を与えるポイントは、

・走行距離
・年式
・車種、グレード
・車の状態
・修復歴の有無

です。

 

その中でも、特に走行距離は重要視されます。なぜなら、走行距離は、日本では車の寿命に大きく関わる、と思われているからです。

 

一昔前は、「車の寿命は10万キロ」となんてことも言われていました。でも実際最近の車は性能も良く、メンテナンスの頻度にもよりますが、10万キロ走ったからと言って壊れてしまう事はまずありません。

 

ただ、走行距離が増えると、消耗品も当然劣化して交換の必要が出てきます。中古車で購入する時、走行距離の多い車は安いけど、修理やメンテナンスにお金もかかるし、寿命も短いのでは?と考えるますよね。

 

走行距離の多い車は、中古車として店頭に並べる際、値段を下げないと、なかなか売れないのです。

 

 

走行距離の目安はどれくらい?

 

車の走行距離としては、どれくらいが一般的な目安なのでしょうか。日本自動車査定協会が、「年間1万キロ」と定めたことから、この1万キロというのが一般的な目安となっています。

 

最近の業界の査定基準は、もう少し少ない「年間「 000キロ〜8000キロ」となっているようです。

 

つまり、それ以上走っている車は「過走行車」として査定が低くなり、それ以下の車は査定が高くなる傾向があります。

 

ただし、走行距離が少ないからと言って査定が必ずアップするわけではありません。例えば、極端に走行距離の少ない車は、エンジンを長期間かけていない可能性もあります。

 

車は、適度に稼働させておかないと、エンジンの調子も悪くなってしまいます。

 

中古車の販売台数を見てみると、走行距離が2万キロ〜5万キロ未満の車が多いいうデータもあります。この位の走行距離が中古車としても売りやすいのでしょう。

 

 

走行距離が長いと売れなくなるのか?

 

走行距離の多い車は、どうしても査定は低めになってしまします。特に、10万キロを超えた車は、ディーラーの下取りでは、査定がつかない事もよくあります。

 

「当店で新車を買っていただけるなら、その車引き取りましょうか。廃車手数料はサービスします」といった感じです。

 

日本国内では、ボロボロの車が走っているのはほとんど見かけません。でも海外では、日本車ブランドは信頼が高いので、10万キロいや20万キロ以上の車もバンバン走っています。

 

ディーラーには無いでしょうが、海外に輸出ルートをもっている買取業者は、10万キロ以上の車も積極的に買取っていきます。

 

ディーラーも実際に下取った車は廃車にせずに、業者に売っているケースがほとんどです。余談ですが、本当に廃車(スクラップ)にされれば、前払いしていた税金(重量税や自動車税)が還付されるはずです。

 

 

重要なのは、どこで査定を受けるか

 

自動車の査定は、どこで受けるかによって金額は大きく変わってきます。先程のように、ディーラーではなかなか査定がつかない場合でも、輸出ルートをもつ業者では「思わぬ金額」がつくケースもあります。

 

ディーラーは車を売ることが本業なので、下取りに関してはあまり力を入れていません。ですので、走行距離が気になりだしたら、一度愛車の査定相場を調べてみましょう。

 

こちらのサイトで調べることができます。簡単な入力で、すぐに査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

 

関連記事:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由