車査定 時期について|何月に査定を受けるかで金額は変わるの?

車の査定時期について

車査定の時期

 

愛車の査定、一番高く売れる時期はいつ?

 

車を売るなら、少しでも高い値段で売りたいですよね。みなさん一緒だと思います。車は売るタイミングによって、査定金額も変わってくるのでしょうか?

 

車の査定と時期について、考えてみました。

 

 

・何月が得かは中古車の需要期を考える

 

車が一番売れる月は、1年を通じて考えると「3月」と言う事になります。この3月は、販売店も決算月の会社が多く、「決算セール」など多くのキャンペーンを打ちます。

 

また、ユーザー側も3月中に車を買いかえれば、それまで乗っていた車の自動車税を翌年度(4月)に持ち越すことなく乗り継げるので、購買意欲も高い月です。

 

ですので最大の需要期は3月と言う事になります。

 

次に多いのが9月。これは販売会社の半期決算の時期です。販売店も力が入ります。

 

そして、消費者側から考えると、ボーナス月の12月と7月ですね。まとまったボーナスを頭金にして、車を買い替えるケースも多いです。

 

ただ、車は買取られてすぐに店頭に並ぶわけではありません。必要な整備や手続きなどです程度の日数が必要です。したがって、上記の車の需要期の一か月前位に、査定を受けると通常の月よりも、査定がアップする可能性は高いです。

 

 

・年式で考える

 

車の価値は年月とともに下がってゆきます。中古車情報を見ても、「年式」は必ずチェックするところです。

 

ですので、車を売るタイミングとしては「年をまたがない」、11月くらいに売るのも一つの判断基準です。年が明けると、年式が1年古くなりますので。

 

年式が1年違うと、中古車としてのイメージは結構変わってしまします。

 

ちなみに、プリウスの買取り価格を調べてみました。

 

Sツーリングセレクション・G’s 平成27年 ZVW30 190万円〜205万円
Sツーリングセレクション・G’s 平成26年 ZVW30 180万円〜195万円

 

となっています。当然、走行距離や車体の状態によって違いはありますが、このプリウスの場合は、年式が1年違うと10万円違う、と言う事になりますね。

 

・モデルチェンジのタイミング

 

車は必ずモデルチェンジを行います。フルモデルチャンジが行われると、年式以上に「旧式の車」というイメージがついてしまいます。

 

モデルチェンジの情報が世間に出まわる前に、車を売れればよいのですが、事前に知ることは難しいですよね。毎年「何月」にモデルチェンジをする、と決まっているわけではありませんので。

 

長い間モデルチェンジをしていない車種は、注意が必要です。

 

 

・結局は自分のタイミングで

 

ここまで、色々と書いてきましたが、車を売るタイミング(月)で査定が何十万円も変わってくることは、ほぼありません。

 

悲しい話ですが、車は毎日価値が下がっていくのです。ですので、タイミングを考えて先延ばしにしてみても、査定は下がっていってしまいます。

 

買い替える車の発売時期や、モデルチェンジの時期など、新しい車の状況に合わせる事もあるでしょう。

 

ですので、結局のところは、「自分が売りたいと思った時に売る」のが正解ではないでしょうか。

 

車の査定が気になりだしたら、今の愛車の査定相場を知っておくことをお勧めします。

 

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド