ラパンの査定、高値が結局・・・【車査定体験】

ラパンの査定、高値が結局・・・【車査定体験】

現在29歳、主婦です。

 

1年ほど前結婚し、仕事を変えて車を使わなくなりました。

 

そこで主人と相談し、維持費もかかるし、売ってしまおうと言うことになりました。

 

車種はラパン、一番下のグレード、年式は平成21年、ワインレッド、修復歴は有(これがのち、トラブルとなる)。

 

主人が以前、車を売るときに、何社も同時に呼び、競ってもらうと高値になると話していて、今回もその作戦にしました。

 

最終的に買い取ってもらった、アッ〇ルの他に3社ほど呼びました。もともと77万の中古で買った車で、さらにそこまで手入れをしておらず、ドアの部分は爪などで傷がつき、1度ぶつけて凹んだにもかかわらず、塗装のみの修理、などあまりよくない状態だったため、期待はしていませんでした。

 

10万ほどになったら、万歳だなと。・・・が、競う競う!面白いように値段が跳ね上がりました。

 

最終的にアッ〇ルさんが個別で話したいと・・・アッ〇ルさんの車に乗り、話を聞くと、言い値で店長に掛け合うとのこと。

 

私達はまだ、新婚旅行に行けていないので、その費用にしたいと、40万と言う大きな金額を提示しました。

 

すると・・・数回の電話での店長との駆け引きで、38万で決定しました。

 

これには、2人で抱き合い大喜び!!!

 

契約書にサインし、よほどのことがない限り金額は変わらないとのこと。

 

それから3日後、アッ〇ルさんから電話が入り、驚きの事実を告げられました。

 

価格が半値以下になりますと・・・19万!?むしろ16万と言われました。ありえない!何がどうして!!

 

話を聞くと、修復歴がないと思っていた私達でしたが、実は修復歴があったとのこと。

 

私が買う前に、事故車になっていたようです。私が購入するときはそんな事実は告げられず、忘れていたかもしれないのですが、そのことに関しては、査定の日、了承をもらっていました。

 

他社さんも査定していましたが、他社さんは見抜いていたのに、アップルさんは大丈夫の一点張りだったのです。

 

実は、査定にきたスタッフが入社したばかりの新人で見抜けなかっただけのようです。

 

私達はさまざまなネットで調べ、自分たちが正しいと判断し、消費者センターに相談しました。

 

何度も店長や、本社に掛け合い、挙句に店長から「もう勘弁して下さい」と言われ、26万にしてもらいました。

 

それでもあまり納得できませんでしたが、事が長引いて、疲れてきたので、26万で承諾しました。

 

今後車を買い取ってもらうときは、最新の注意を払いながら、交渉していこうと今回とても勉強になりました。