車査定 10万キロ|走行距離10万キロ以上の車に査定はつく?

車査定 10万キロ|走行距離10万キロ以上の車に査定はつく?

走行距離 10万キロ

 

走行距離が10万キロを超えた!

 

10万キロ以上走ると、車検時には色々な部品の交換を勧められます。タイミングベルトは初回の交換、タイヤやバッテリー等は2回目の交換などなど。。

 

「このまま乗り続けるか、買い替えるか」考える場面ですよね。

 

車の寿命ってどれくらいなの

 

一昔前までは、「車の寿命は10年10万キロ」なんてことも言われていましたね。実際のところは、どうなんでしょうか。

 

10万キロで車が走れなくなることは、まずありません。

 

当然、日々のメンテナンスは大きく影響します。10万キロまで一度もエンジンオイルを交換したことがない、なんて人がもしいれば、車へのダメージはかなりのものでしょう。

 

でも、普通にメンテナンスを行っていれば、今の日本車であれば20万キロ以上は走ってくれます。ちなみに、タクシーなどは50万キロの走行距離のザラにありますから。

 

先にも書きましたが、10万キロをこ超えると、交換部品が増えてくることは事実です。メンテナンスに費用がかかりだすタイミングです。

 

車の寿命、と言う点では「メーカーの部品供給が無くなって、故障した時に修理ができない」となった時でしょうか。

 

メーカーの部品供給は15年〜20年ですので、部品が手に入って修理できる限りは、車は走ることができます。

 

 

走行距離10万キロ以上の車に査定はつく?

 

もう10万キロ以上走ったので、そろそろ車を買い換えようかな。と思った時、この走行距離で査定がつくかどうかは気になるところです。

 

査定に関しては、走行距離以外に年式も当然影響します。

 

同じ車種・同じグレード・同じ走行距離の車でも、3年落ちと8年落ちでは査定金額は当然変わってきます。

 

平均的な走行距離は1年で1万キロと言われていますので、10万キロと言う事は10年近く乗っている、というところでしょうか。

 

話は少しそれますが、日本では走行距離は少ないほど良い、みたいな風潮があります。中古車を買う立場としたら、先程の「車の寿命は10年10万キロ」という心の壁があって、10万キロ以上の車はなかなか買い手がつきません。

 

ですので、国内で中古車として販売するには、かなり安い価格にする必要があるのです。つまり、査定はかなり低くなる、と言うことです。

 

特に、ディーラーに下取りの査定をしてもらうと「いや〜もう廃車にするしかないですね〜、新車を買ってもらえるなら廃車費用はサービスで引き取りますよ」なんてこともよくあります。※でも実際は廃車にしないで、業者に売る事が多いのですが。

 

 

それでも査定がついて売れる方法がある

 

下取りでは査定のつかない過走行車でも、実は思った以上の価格で買取ってくれるところはあります。

 

そもそも、ディーラーは新車の販売が本業ですので、車の下取りには力を入れません。あくまでも「売る」事に専念します。

 

一方、車の買取専門業者と言うものがあります。その名の通り、「車を買い取る」ことを本業としている会社です。

 

車買取業者はそれぞれ色々な特徴をもっています。

 

例えば、海外に輸出のルートをもっている業者。海外では、走行距離10万キロなんて車はザラに走っています。20万キロでもへっちゃらです。

 

その中でも、特に日本車は安心出来る人気ブランドですので、海外ではまだまだ「売れる車」なのです。

 

ですので、複数の買取専門業者に愛車を査定してもらうべきです。自分でいくつも回るのは大変ですので、自宅で1回の入力で依頼できる方法を使いましょう。

 

簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に複数の業者に査定の依頼ができますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かりますよ。