車査定 期間|査定金額の有効期間ってあるの?【車査定サプリ】

車査定 期間|査定金額の有効期間ってあるの?

自動車査定 期間

 

車の査定金額の有効期間ってあるの?

 

「はい、あります」

 

その理由について、まずは考えてみます。

 

 

車の価値(査定相場)は、時間とともに下がってゆく

 

車の査定相場は、中古車のオークションの売買価格と連動しています。そして悲しい事ですが、車の価値は時間とともに下がってゆきます。その間にモデルチェンジ等があれば、なおさらです。走行距離も期間が空くと、多くなってしまいます。

 

あまりに長い査定金額の有効期間を設定してしまうと、買取った金額以下でしか再販出来ない、なんてことになってしまします。相手も商売ですから、そんなことはしませんよね。

 

ちなみに、ディーラーの「下取り」査定金額の有効期間は、長めに設定されています。なぜなら、新車の納期に合わせる必要があるためです。人気車の場合は、契約から納車まで3カ月待ち、なんてこともあります。

 

「先に車を下取りに出して下さい」なんてことは言いません。ディーラーは新車を売ることが本業ですので、下取りをする車については、あまり重要視していないのです。

 

そのため、ディーラーの下取り査定金額は、買取り専門業者よりも低めに設定されています。

 

参考記事:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由

 

逆に、車買取専門業者の査定金額は、ディーラーの下取りよりも高くなりますが、その有効期間はかなり短いです。

 

出来れば、即日にでも買取りたい!と考えています。ですので、明確に「いついつまでに、車を売却する」という意思を伝えれば、査定額も高くなるでしょう。

 

2〜3ヶ月後かな?という事ですと、その間の価格低下を見越した査定金額になります。

 

大体の査定金額の有効期間としては、2週間位ではないでしょうか?見積書をもらえば、有効期間は記載されているはずですので、それを参考にして下さい。

 

 

まずは、愛車の査定相場を知っておく

 

自動車の査定金額は時間とともに低下し、有効期限があることはお伝えした通りです。

 

ここで、重要なことを最後にお伝えします。それは、愛車の査定相場を事前に把握しておく、と言う事です。

 

「下取り」であれ「買取り」であれ、1社だけの査定では、その金額が高いのか安いのか判断できませんよね。車の査定には、定価が無いので、査定する側のいいわば「言い値」です。

 

ですので、その妥当性を判断するためにも、愛車の最新の査定相場を知っておきましょう。そうしないと、安い金額で買い叩かれる可能性が高くなります。

 

愛車の最新の査定相場は、ことらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後すぐに査定相場が分かります。同時に複数の買取り専門業者に見積もりを依頼できます。想定以上の金額が提示されることもありますよ。