車査定 タイヤ|車の査定にタイヤはどれくらい影響するの?

車査定 タイヤ|車の査定にタイヤはどれくらい影響するの?

査定 タイヤ

 

タイヤの状態は査定に影響するの?

 

車を査定する際、査定士はタイヤの状態も確認します。このタイヤの状態は、査定にどれくらいの影響があるのでしょうか。

 

「影響が、有るか無いか」で言えば、答えは「ある」です。

 

タイヤの溝がもうほとんど無くて、スリップサインが出ているような状態であれば、そのままでは乗れないので、j買取った業者も新しいタイヤに交換する必要があります。

 

当然、査定としてはマイナスになります。

 

逆に、ほぼ新品の状態のタイヤであれば、次に買う人もしばらくは交換の必要がないので、査定としてはプラスになります。

 

じゃあ、新品のタイヤに履き換えて査定を受ける?

 

これは、やめておいた方がいいです。先程のスリップサインが出ているような車の査定が、マイナス査定になると言いましたが、マイナス金額がタイヤの新品交換にを超えることはありません。

 

新品のタイヤ効果にかかる費用>査定のマイナス額

 

となります。ですので、タイヤの状態が査定にある程度の影響は与えますが、そのまま手放す方が結果的には「お得」です。

 

 

査定が高いのは「純正タイヤ」か「社外タイヤ」か?

 

車の購入後に、ホイールとタイヤを社外品に交換した、という方もいらっしゃるでしょう。ドレスアップと言えば、やっぱりホイールからですもんね。

 

では、社外品のタイヤ・ホイールと純正品では、査定は変わってくるのでしょうか?

 

これは、ほとんど変わらないですね。高額なホイールでキズがほとんど無い、と言う事であれば、業者によってはそれなりのプラス査定になると思われます。

 

例えば、ドレスアップ車や改造社を積極的に買取る業者ですね。

 

でも、一般的なディーラーの下取りや、対取り専門店では、そこまでの査定アップにはなりません。

 

純正品であれ、社外品であれ、状態の良い方が査定には好影響です。ですので、社外品に交換した場合は、純正品も置いておいた方がいいですね。

 

管理人の経験上、社外のアルミ・タイヤはオークションで売って、査定を受ける時には取っておいた純正品に戻しています。

 

この方法が、査定もマイナスの影響も無く、社外品もそれなりの価格で売れます。(少し手間はかかりますが)

 

ちなみに、タイヤはゴム製品ですので、使わずにおいておいても劣化してゆきます。保管場所にも、気をつけておきたいところです。

 

関連記事:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由

 

関連記事:査定前に必ずしておくべきこと