車の査定に事故歴・修復歴はどう影響するの?!車査定サプリ

車の査定に事故歴・修復歴はどう影響するの?

事故車の査定

 

事故を起こしたことのある車は、査定時にマイナス評価されることは避けられません。でも、どこで査定を受けるか、査定時に気を付けるべきポイントを知っていれば、ディーラーの下取りや、一般の買取店よりも、高い査定を引き出せます。

 

今回は、事故歴・修復歴のある車の査定についてお話しします。

 

 

そもそも、事故車ってどんな車?

 

「この車。事故車ですから査定はかなり低くなりますね〜」

 

こんな会話は修理歴のある車の査定時には、良くでる言葉です。でもこの「事故車」と言う言葉、どんな定義があるのでしょうか?

 

「事故車=事故を起こした車」であることはわかります。でもドアをこすって板金塗装した、バンパーをぶつけて交換した、などは実は事故車にはなりません。

 

単なる「修理歴」なのです。では、業界で言うところの「事故車」とは、どのような定義があるのでしょうか?

 

それは、「修復歴」が有るか無いか、と言う事なのです。

 

 

修復歴とは?

 

中古自動車査定基準では、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と規定されています。

 

車の骨格部分とは、下記の部分です。
修復歴
参考:一般財団法人日本自動車査定協会

 

上記のどこか一カ所でも修理した事があることを「修復歴」と言います。骨格部分の修理なので、かなり大きな事故であったことも想像できます。ですので、当然ながら査定に与える影響は大きいですね。

 

逆に、上記以外の場所の修理や交換は修復歴にはなりません。バンパーの交換や、ボディのキズ・凹みの板金塗装などですね。

 

この場合は、「修理歴の有る車」と言う事になります。修復歴ほどでは有りませんが、査定には影響はします。

 

 

修復歴車の定義を知っていると、査定で損をしない!?

 

先程の、「この車。事故車ですから査定はかなり低くなりますね〜」と言う言葉ですが、実は修復歴のない車でも査定時に言われることがあります。

 

査定をする人は、実は査定士ではなく営業マンだった、なんてことも有ります。安く買うために「事故車」と言う言葉を使うのでしょうが、修復歴がない場合はキッパリ「単なる修理です!」と言いましょう。

 

そうすることで、必要以上のマイナス査定を受けることを防ぐことができます。

 

 

修復歴って隠してもバレるの?

 

反対に、修復歴があることを隠して査定を受けるのはどうでしょうか?相手が営業マンならばれないかもしれません。

 

これは、やめておいた方が賢明です。

 

査定士であれば、修復歴はすぐに見抜きます。もし、査定時にバレなくても、後日修復歴が発覚した場合は「事後減額要求」されます。

 

信用も同時に失ってしまします。

 

修復歴・修理歴のある車を高く売る方法

 

修復歴や修理歴があると、ディーラーの下取りでは査定はかなり低くなってしまいます。それどころか査定がつかないケースも有ります。

 

修理歴や修復歴のある車は、1か所での査定ではなく、複数の業者に査定してもれらうほうが絶対に高く売れます。

 

なぜなら、少々の修復歴があっても、海外に輸出のルートをもっている業者などは、国内の相場よりも高い査定を付けてきます。また、パーツとして広く販売する業者もいます。

 

ですので、複数の業者に査定を依頼しましょう。

 

下記のサイトを使えば、1度の入力で複数の買取専門業者に査定を依頼できます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場も分かりますよ。