下取り査定料とは?車の下取りに費用はかかるの?|車査定サプリ

下取り査定料とは?車の下取りに費用はかかるの?

下取り査定費用

 

下取り査定料とは?車の下取りに費用はかかるの?

 

ディーラーで車を買い替えようとした場合、それまで乗っている車を下取りに出して新車を購入する、といったケースが多いと思います。

 

その場合、「下取り査定料」「下取り諸費用」と言った名目で費用が計上されます。これは、どのような費用なのでしょうか?

 

 

車の下取り査定料とは?

 

下取り査定は、中古自動車査定士という資格をもつ人が行います。まぁ、その人の人件費と言うところでしょうか。

 

下取り査定料の相場は大体5,000円〜10,000円程です。これには定価と言うものはありませんので、各ディーラーで価格を自由に設定しています。

 

値引きの幅をもたせるために、見積もり書に計上しているケースが多いですので、交渉すればカットしてくれる可能性は高いです。

 

そのまま払うのは、もったいないですね。

 

 

下取り諸費用というものもある

 

下取諸費用は、下取りした車の名義をディーラーに変更したり、廃車手続きをするための代行手数料です。

 

ローンが残っていて、下取りをする車の所有権(名義)がローン会社など、他人の場合はこの名義変更は結構手間です。

 

でも、本人名義の場合は、買取る側が行うのが普通なので、売る側に負担させるのはおかしな話ですが、ディーラーでは常識になっています。

 

下取り諸費用の相場も、大体5,000〜15,000円といたっところでしょうか。

 

これも、値引きの幅をもたせるための金額という要素が大きいですので、交渉すればカットしてもらえる可能性はあります。

 

 

ディーラーに下取りに出す時の注意点

 

ディーラーで下取りに出すと言う方法は、窓口が一つで済みますし、納車とクルマの引き取りが同時なので、代車の心配も要りません。スムーズに行きますので、今でもこのパターンが多いと思います。

 

買い替えとなると、新車の値引き金額やサービス品にばかり目が行ってしまいます。でも新車の値引きやサービス品以上に、金額に差が出るものがあります。

 

それは、愛車の査定金額です。

 

そもそも、車の査定額には決まった金額はありません。査定する側のある意味「言い値」なのです。

 

ディーラの提示した下取り査定金額が一体安いのか、高いのか、妥当なのか、判断できますか?比べるものが無ければできないですよね。

 

ですので、査定を受ける前に「最新の愛車の査定相場を知っておく」ことが必要です。

 

知らないでいると、結構な金額を損してしまします。

 

愛車の査定相場をインターネットで調べてみても、過去の査定金額で、どれも古い過去のデータです。最新の情報を常に更新しているサイトはありません。

 

では、どうやって査定の相場を調べればよいのでしょうか。

 

下記のサイトで簡単に知ることができます。僅かな入力ですぐに最新の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に複数の買取業に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額もわかりますよ。

 

ちなみに、買取専門業者に車を売る場合は、「下取り査定料」「下取り諸費用」は必要ありません。

 

 

関連記事:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由