車査定後の減額ってあるの?瑕疵担保責任?クレームガードって?

車査定後の減額ってあるの?瑕疵担保責任?クレームガードって?

 

車の売却で、査定が終わってお互いに金額に合意し、契約したにもかかわらず、後になって買取業者から、査定金額の減額を要求される、トラブルが稀にあります。

 

今回は、車の査定のトラブルについてのお話です。

 

 

査定後の減額ってどういう事?

 

車を査定してもらって金額を提示され、契約後に減額を要求されるとは、いったいどういう事なのでしょうか?

 

・新車で購入した車のメーターが故障し、交換していたがそのことを買取り後に指摘され、返金を求められた。

 

・中古車で購入した車の前のオーナーが事故を起こして修復歴があった。購入する時も知らなかったし、査定時にも指摘は無かった。でも、後になってオークションに出品して修復歴が判明したため、返金を求められた。

 

など、事例は様々です。

 

このような事例のほとんどは、「瑕疵担保責任」を買取側が主張してくるようです。

 

 

瑕疵担保責任とは?

 

売買などの有償契約において,その目的物件に,一般の人では簡単に発見できないような瑕疵 (欠陥) があった場合,売主などの引渡し義務者が,買主などの権利者に対して負わねばならない担保責任のこと。 出典:コトバンク

 

なんだか難しいですね。車の査定に置き換えて、簡単に言うと、「車を買い取る時に、発見できないような査定にマイナスになるような事があっても、後でそれが分かったらマイナス分は精算してね」と言う事です。

 

この「発見できないような」と言うところが、分かりにくいポイントです。

 

 

車の査定は「査定士」という資格を持った人が行うので、見落としは無いんじゃないの?と思われがちですが、実際の査定は「査定士」でない人が行うケースも少なくありません。

 

ですので、査定時に見落とす事もあるのでしょうが、なんだか納得できない話しですよね。

 

少なくとも査定を仕事にしているのでしたら、「見落とし」なんてことは避けて欲しいと思います。先程の例などは、しっかりとした査定を行っていれば、その時に分かった事だと思います。

 

でも、車は機械ものなので、エンジンの内部までは見れないですし、思わぬ落とし穴がある事も事実です。

 

そんな時のために、クレームガードと呼ばれる、保証を査定時に提案する業者もあるようです。

 

このクレームガードとは、後から何か欠陥が見つかった場合は、クレームガード保証に入っておけば、賠償を請求しません。(決まった期間以内であれば)と言うものです。

 

 

クレームガードは入っておくべき?

 

クレームガードにかかる費用は数千円〜3万円位と、車種や買取り金額によって差があるようです。

 

これには、加入しておいた方が良いのでしょうか?

 

・自分が新車で購入し、事故歴・修復歴も無い

と言った場合には加入は必要ないと思います。

 

一方、

・中古車で購入し、整備記録がなく過去の修復歴が不明

 

・複数の業者の中で、クラームガードを提案してくる業者の査定が一番高く、その差額でクレームガードに加入してもおつりがくる

そんな時は、加入した方が安心だと思います。