車の査定はどこをチェックされるの?【車査定サプリ】

車の査定はどこをチェックされるの?

チェックポイント

 

車の査定はどこをチェックされるの?

 

車の査定は、基本的には査定士によって行われます。実際に査定を行われる際、どんなところをチェックしているのでしょうか。

 

事前に知っていると、当日の不安も和らぎますよね。

 

 

外装の状態(ボディカラー・キズの有無・汚れ)

 

「まずは、外見から」という事です。車のボディカラーは、査定にかなり影響します。購入時は「お好み」で選らんだ事でしょうが、査定金額は人気によって差がつきます。

 

パールホワイトやブラックは、無難な色で人気も高いので、査定も高くなる傾向にあります。

 

当然、キズや凹みの有無も確認します。その際、修理歴の有無なども見定めています。過去に修理、修復歴がある場合は、正直に話しておきましょう。プロの目で見れば、大抵は分かってしまします。

 

査定金額を上げるために、査定前に修理に出すのは、やめておきましょう。ほとんどの場合、修理代の方が査定の差額よりも高くついてしまします。

 

また、汚れを落としておくための洗車は行っておきましょう。査定金額が大きく変わるわけではありませんが、査定士に与える印象が良くなります。

 

汚れたままだと、より細かくチェックされ、マイナスポイントが増える事もあります。

 

 

エンジン周り

 

エンジンの音に異変がないか?車体番号は車検証と同じか?変な改造がされていないか?などを確認します。

 

バッテリーの状態やエンジンオイル、プラグ等も確認します。

 

 

内装、シート、フロアマット

 

内装も重要なチェックポイントです。汚れがひどかったり、破けていたりすると当然交換が必要になり、査定金額も下がってしまいます。

 

あと、ニオイもユーザーは敏感ですので、査定のポイントにもなります。当然トランクルーム等全て見られます。

 

 

走行距離

 

走行距離も査定には重要なポイントです。年間8000キロ〜1万キロを平均値として、それよりもかなり多く走っている車は査定が下がり、少ない車は査定が上がります。

 

修復歴の有無

 

先程も少し触れましたが、査定に修復歴は大きく影響します。この修復歴と言うのは、車の骨格部分の修理や部品交換の事を言います。

 

単にバンパーを凹まして修理した、というのは「修理歴」であって「修復歴」ではありません。

 

この修復歴がある車は、中古車市場では「事故車」として扱われ敬遠されるので、査定金額も当然低くなります。

 

 

必要な準備はしておこう!

 

車検証、定期点検整備記録簿は車に常備していると思いますが、確認しておきましょう。また、取扱説明書も揃えておきましょう。

 

次に乗るユーザーもあった方が安心できます。

 

 

以上が、大まかな査定時のチェックポイントです。どれくらいの査定金額が出てくるのか?ドキドキしますよね。

 

「これ位の査定金額は付けて欲しいな!」というのは漠然とお持ちでしょうが、実際に提示されてみないと、どうゆう気持ちになるのかも想定できません。

 

もしかしたら、相場よりも安い金額が提示されるかも知れません。

 

ですので、事前に愛車の査定相場を調べてから、査定を受けましょう

 

査定相場は毎日変動しているので、インターネットで探しても載っていませんが、こちらのサイトを使えば簡単に分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

これを知っていれば、提示された査定額が「安いのか、高いのか、妥当なのか」が判断出るので安心です。