車査定 車検|車検の有効期間と査定の関係【車査定サプリ】

車査定 車検|車検の有効期間と査定の関係

車検

 

車検の有効期間と査定の関係

 

「愛車の査定を受けてみよう」、と考えるタイミングは色々とあると思います。

・走行距離も7万キロに近いし、そろそろ買い替えたい
・家族が増えたので、大きな車に買い替えたい
・車をぶつけたので、買い替えたい
・もう今の車に飽きてきた
・3回目の車検が近づいてきた

などなど。

 

その中でも車検のタイミングは、車の買い替えのタイミングとしては大きなポイントになると思います。

 

 

車検費用ってどれくらい?

 

まずは、車検にかかる費用について簡単にお伝えします。

 

車検費用は「法定費用」と「整備・点検費用」に分かれます。

 

法定費用はその名の通り、法でさ定められている費用です。内訳は、自動車重量税・重量税・印紙代です。

 

これは、どこで車検を受けてもその費用は変わりません。

自動車種別 自賠責保険料 自動車重量税 印紙代
軽自動車 26,730円 6,600円 1,100円
普通自動車(1t以下) 27,840円 16,400円 1,700円
普通自動車(1.5t以下) 27,840円 24,600円 1,800円
普通自動車(2.0t以下) 27,840円 32,800円 1,800円
普通自動車(2.5t以下) 27,840円 41,000円 1,800円

自動車重量税はエコカーの初回の車検などは変わってきますので、詳しくは、国土交通省自動車重量税・税率早見表のページにてご確認ください。

 

整備・点検費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などです。そこに、必要な交換部品が加わると、部品代・工賃が加算されます。

 

これは、車検を受けるお店によって金額が異なります。車検はディーラーや民間整備工場、ガソリンスタンド、カー用品店などで受けることができます。

 

一般的にディーラーは次回の車検まで安心して乗れるように、予防的な部品効果も勧めてきます。その分、費用は高めです。ガソリンスタンドなどは、車検委合格するための最小限の部品交換をしないこともあって、費用は安めです。

 

ここでの注意点は、車検は「その時点での基準を満たしているかどうか」を判断するものであって、それ以降の安全まで保障するものではありません。

 

 

新車で買って1回目の車検であれば、当然メーカー保証もありますし、交換部品もほとんどないので、最小限の費用で済みます。

 

一方、車検の回数が増えてゆくごとに、車検にかかる費用も増えてゆきます。

 

2回目、3回目となると、バッテリーやタイヤ交換、10万キロを超えるとタイミングベルトの交換など、必要な交換部品も増えますので、当然車検費用も高くなります。

 

 

車検の有効期間が長い方が査定はいいの?

 

答えは「YES]です。でもこれは1年以上有効期間がある場合です。と言う事は、車検を通して1年未満の車、と言う事になりますよね。

 

普通の状態で、高い車検費用を払って1年未満で車を売る人は、少ないのではないでしょうか。

 

買い替えを考えるのは、車検が半年以内に迫ってきた頃だと思います。

 

となれば、車検の有効期間が2ヵ月であろうと4カ月であろうと、査定金額はそれほど変わりません。

 

 

じゃあ、車検を通してから査定を受けるべき?

 

答えは、「NO!」です。

 

先程も言いましたが、車の査定は、車検の有効期間が1年以上残っていれば、プラスの査定になる可能性は高いです。

 

でも、車検費用と比べた場合、得をする事はありません。

 

車検には、

・法定費用(自陪責保険料・重量税・印紙代)
・整備費用
・手続き代行費用

がかかってきます。車種や年式によって変わってはきますが、最低でも8万円以上はかかります。

 

この費用をかけて車検を受けても、それ以上に査定金額がアップすることはないのです。

 

査定をする業者も、自社で整備工場をもっているケースがほとんどですので、車検にかかる費用は最低限の原価で済みます。

 

ですので、査定額をアップさせるために車検を受けるのは、やめておきましょう。

 

ちなみに、車検切れの車でも査定を受けることは可能です。公道を走行して持ち込むことはできませんが、査定士に来てもらえばいいのです。引き取りの際には、輸送費がかかる可能性はあります。

 

 

車検を通すか買い替えるか?迷った時にすべきこと

 

車検を通してこのまま乗り続けるのか?

 

下取りや買取りに出して車を買い替えるのか?

 

車検の日にちが迫ってくると考えますよね。

 

そんな時は、まず愛車の最新の査定相場を調べてみましょう。今の愛車がいくらで売れるか、を知っておかないと判断できません。

 

こちらのサイトを使えば、簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に最大10社からの見積りも取れますので、最高額で買ってくれる業者と金額も分かりますよ。

 

 

車検をどこに出そうか?と迷ったら、

 

全国対応『お宝車検.com』車検見積り・予約申込み

 

両方の金額を比較して、「乗り続けるか、買い替えるか」を考えてみてはいかがでしょうか。