車査定 傷|査定前にキズは修理しておくべき?【車査定サプリ】

車査定 傷|査定前にキズは修理しておくべき?【車査定サプリ】

キズ凹み

 

査定前にキズや凹みは修理しておくべき?

 

車の査定を受けるとき、キズや凹みがあると「査定にどれだけ影響するの?」「査定が下がるなら、その前に修理しておいた方がいいの?」と、気になりますよね。

 

大切に乗ってきた愛車ですので、出来るだけ高くりたい気持ちはよくわかります。

 

車の査定にキズや凹みは影響するの?

 

ハイ、影響します。それもマイナスとして。

 

車の査定方法は、基本的には加点・減点方法です。車のボディ部分の査定で減点対象になるのは、やはりキズ・凹み・塗装の剥がれ・サビ等です。

 

キズに関しては、爪でなぞってみて、ひっかからない程度の浅い傷については、大きなマイナスにはなりません。さほど気にする必要はないと思います。

 

名刺サイズ以上のキズは、やはり査定にはマイナスの影響を与えます。

 

 

「じゃあ、査定前に修理する?」

 

これは、やめておくべきです。

 

なぜなら、修理にかかる費用と査定への影響を考えた場合、修理する費用の方が高くつくからです。

 

自分で修理工場に持ち込んで修理するとなると、修理代には当然「部品代・材料代・人件費+修理工場の利益」がかかってきます。

 

相手も商売ですから当然ですよね。修理だけで利益を出そうとするわけですから。

 

一方、車を査定する業者は、自社で修理工場をもっているケースがほとんどです。自社で修理する場合は、原価しか考えませんので、査定への影響は、その原価の費用くらいになるはずです。

 

ですので、キズや凹みは査定を受けるからと言って、修理に出すのはやめておきましょう。勿体ないです。

 

あと、自分でコンパウンド等でゴシゴシこすったりするのも辞めておいた方がいいです。塗装にムラができたりして逆効果です。素人が直せるキズはプロも簡単に直せます。

 

どうしても、査定金額への影響が気になる方は、一度修理工場で修理代金の見積りをもらうのもいいでしょう。

 

そして、車の査定時に「このキズが修理された状態と、今のキズのある状態では査定金額はどれくらい違いますか?」と聞いてみて、先程の修理金額の見積もりと比べて見るといいと思います。

 

そうすれば、どちらが得かもわかりますし、納得もできますよね。(少々手間はかかりますが)

 

 

修理履歴は査定士に正直に伝えよう

 

車の査定時に、過去の修理歴の有無について、査定士に確認されます。できるだけ高く売りたいので、修理歴は隠しておきたいですが、相手は毎日車を査定している「プロ」です。

 

隠したところで、すぐにバレてしまいます。そうなれば、信用自体が無くなってしうので、より厳しい目であなたの車をチェックすることでしょう。

 

ですので、修理歴を聞かれたら、正直に話しておきましょう。

 

 

あわせて読みたい:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由