車査定 一社だとダメな理由|答えは査定相場が分からないから

車査定 一社だとダメな理由

1社じゃダメ

 

車査定 一社だとダメな理由

 

車の査定を受ける場合、1社だけでも大丈夫なのでしょうか?何社も回るべきなのでしょうか。

 

今回は、「査定を受けるなら、1社だけじゃいけない理由」について解説してゆきます。

 

 

そもそも車の査定相場はどうやって決まるの?

 

新車と違って、車の査定金額には「定価」がありません。1台1台車の状態が異なるからです。

車種 年式 グレード ボディカラー 走行距離 エンジンの状態 内装の状態

 

タイヤの減り具合 ナビやステレオのタイプ ボディのキズや凹み 修理歴の有無

など、全く同じ状態の車が無いので、ある意味当然です。

 

でも、定価と言うものはありませんが、車の「買取相場」と言うものは存在します。

 

では、車の査定相場は、どのようにして決まっているのでしょうか?

 

それは、中古車のオークションの取引結果によって決まっています。

 

中古車のオークションは、ほぼ毎日のように全国のあちこちで行われています。このオークションの取引価格が、車の買取相場を決めているのです。

 

人気の高い車は、オークションでも高値で取引されるので、当然査定金額も高くなります。

 

 

車の査定はどこで受けても同じ金額ではない

 

車の査定相場は存在しますが、どこで査定を受けるかによって、実は査定金額は大きく変わってきます。

 

まず、ディーラーの下取りと、買取専門店ではかなりの金額の開きが出ます。

 

詳しくは、以前の記事:車の査定、下取りより買取りの方が高い理由もご覧ください。

 

また、買取専門店の間でも、査定金額は異なります。その理由は、買取専門店にも得意分野がそれぞれあるからです。

 

たとえば、海外に輸出のルートをもっている業者は、年式が古くても、走行距離が多くても、ディーラーでは査定がつかないような車でも、積極的に買取ります。

 

海外では走行距離10万キロの車なんて、バンバン走っていますし、日本車は人気ブランドなので、まだまだ売れるのです。

 

違う例をあげると、4駆を専門にしている業者とか、スポーツタイプの改造車専門の業者とか、色々あります。

 

自社が「欲しい!」と思った車は、他に負けないように高い査定金額を付けるのです。

 

 

車の査定が1社だとダメな理由

 

さて、いよいよ本題です。「車の査定には相場はあるが、業者によって査定額は違う」、と言う事をお伝えしてきました。車の査定が1社ではダメな理由は、まさにここにあります。

 

比べるものが無いと、安く買いたたかれてしまうので、複数の業者の査定を受けましょう、と言う事です。

 

そして、重要な事をもう一つ。

 

それは、まずは愛車の最新の査定相場を知ることが大切だと言う事です。

 

そもそも、査定の相場のデータは業者は知っていますが、我々ユーザーは知りません。ネットで調べてみても、過去のデータや、ほんとうにアバウトな相場は分かりますが、最新の相場はのっていません。

 

ですので査定する側も、最初は安い査定額から様子を見てくるのです。相場を知らなければ、その段階で納得してしまう可能性も高くなってしまいます。

 

比較するものが無いので、仕方がないとも言えます。ですので、最新の愛車の査定相場を把握しておきましょう。

 

こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力のあと、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に、複数の買取専門業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

こうすれば、1社だけの査定にもならないですよね。1回の入力で、ここまで出来ますので、一度試してみてはいかがでしょうか。