車の査定を受ける前に、必ずしておくべきこと【車査定サプリ】

車の査定を受ける前に、必ずしておくべきことはコレ!

査定前にすべきこと

 

まずは、愛車の査定相場を知っておく!

 

いきなり何だ?査定前と言えば、洗車や車内の掃除だろ?と思われた方もいらっしゃることでしょう。他のサイトではそう書いてありますから。

 

当然、車をキレイにする事は重要ですが、実はそれ以上に重要な事があります。

 

それは、愛車の査定相場を事前に知っておく、と言う事です。

 

理由は、車の買取価格には決まった金額はありません。査定する側が一方的に提示するいわば「言い値」です。

 

その提示価格が一体高いのか?低いのか?妥当なのか?判断できますか?

 

査定金額を提示する時、「これが精一杯の査定金額です!」と言ってくることでしょう。

 

でも心の中では「ほかに比較するものが無いから、出来るだけ安く買い取ってやろう」と思っているかも知れません。だって相手も商売ですから、仕方ないですよね。

 

ですので、その提示された査定金額を判断するために、査定相場を事前に知っておきましょう!ということなのです。

 

でも、以前から、お伝えしてきましたが、車の雑誌やインターネッで調べても、「最新」の車の査定相場は載ってりません。

 

なぜなら、毎日のように全国で行われている、中古車のオークションの売買価格に連動しているからです。

 

では、どうやって査定相場を調べるの?ネットにも載っていないのに、と思われることでしょう。

 

こちらのサイトを使えば、簡単に調べることができます。わずかな入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に、複数の買取専門業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買取ってくれる業者と金額もわかりますよ。

 

やっぱり車はキレイにしておく

 

冒頭でも書きましたが、査定時には車はキレイにしておきましょう。キレイにしたから、査定額が何万円もアップする!と言う事はありませんが、マイナスになることは避けるべきです。

 

余談ですが、車の査定は減点方式で行われます。あまりにも汚い車だと、「どんな乗り方をされてきた車なの?」と査定士の目も厳しくなって、余計な減点を受ける可能性もあります。

 

日ごろ行っている程度の洗車と掃除で大丈夫ですので、キレイにしてから査定を受けることをお勧めします。

 

 

必要なものも揃えておこう

 

車の査定には、「車検証」と「身分証明書」が必要です。場合によっては、「自賠責保険証書」も必要だ、と言う業者もいます。

 

他にも、あると査定する側に良い印象をもってもらえるものとして、

・保証書
・取扱説明書
・整備手帳

などがあります。車に常備しているとは思いますが、事前に揃えておきましょう。

 

また、純正のパーツから交換している場合、純正パーツが残っていれば、それも揃えておいた方がいいですね。せっかく高いお金を払って購入した社外パーツも、査定にプラスになるとは限りません。

 

すり減ったタイヤやキズのついたアルミホイールよりも、綺麗な純正品の方が査定が良くなる場合もあるからです。