車査定サプリ|愛車の買取り査定相場を知り、より高く売る方法!

愛車の買取り査定相場を知り、より高く売る方法!

車査定

 

愛車の査定相場、気になりませんか?

 

車の査定と言えば、これまではディーラーなどの下取りの査定がほとんどでした。車を買い替える時に、新車を買って、それまで乗っていた車を下取りで引き取ってもらう、という方法です。

 

でも、最近はテレビやラジオのコマ―シャルで「車買取専門」と言う言葉を良く耳にします。車買取専門業者とは、下取りではなく、車を買取る事を専門に行っている会社です。

 

ここで少し、「下取り」と「買取」の違いについて、もう少し詳しくお伝えしますね。

 

 

車の下取り査定

 

下取りとは、新しく車を買うお店で、それまで乗っていた車を引き取ってもらう事です。ディーラーで車を買い替える時には、多くの方がこの方法を取ってこられたのではないでしょうか。

 

実際今も、多くの方がこの方法で愛車を手放していることでしょう。

 

下取りのメリットは、手続きの窓口が一つで済む、と言う点です。色々な手続きの代行も、全てやってくれます。

 

また、車の納車と引き取りが同時に行われるので、代車の心配もいりません。

 

乗っていた車についていたナビやETC、オーディオ等の付け替えも、気軽に頼めるのも楽でいいですね。

 

下取りのデメリットは、何と言っても査定額が低い、というところです。

 

ディーラーは、新車を売ることが本業です。ディーラーは、自動車メーカーにコミットした目標販売台数をクリアすると、多額の報奨金がメーカーからもらえます。

 

ディーラーの営業マンも、販売台数によって給与の手当てが変わります。ですので、必死に車を売ろうとします。

 

ただ、車の下取りに関しては、あまり積極的ではありません。「ウチで車を買ってくれるなら、今の車、引き取りましょうか」くらいの、言わば付帯業務なのです。

 

ですので、下取りの際の査定額は、引き取った車が手離れ良く売れるように、かなり安い査定金額にるケースが多いのです。

 

買取りのメリットは、下取りに比べて査定金額が高い、という点です。

 

下取りと違って、車買取専門業者は、その名の通り、車をを買取ることが本業です。車の買取りは、彼らにとっては「仕入」そのものであるので、1台でも多く、欲しい車は買取ります。

 

買取った車は、すぐにオークションや海外に輸出されます。海外では年式の古い車でも日本車ブランドは人気があるので、積極的に買取ります。

 

このように、査定金額に関しては「買取」の方が、高く売れます。

 

買取りのデメリットとしては、ディーラーなどの車の購入と、買取専門業者のふたつの窓口とやり取りする必要がある、と言う点でしょうか。

 

でも必要な手続きは、それぞれの業者が代行してくれますので、あまり心配はいりません。

 

 

まずは、愛車の査定相場を知っておく

 

ここまで、査定金額に関しては「下取り」より「買取」の方が高く売れる、とお伝えしてきました。

 

ただ、それぞれの金額を提示されても、実際の査定相場を知っておかないと、提示金額が安いのか高いのか判断がつきませんよね。

 

ですので、愛車の査定が気になりだしたら、まずは、最新の査定相場を知っておく事が重要です。

 

だって、知っていないと、言われるがままの金額で手放してしまって、かなりの金額をソンしてしまいます。

 

当サイトでは、この不透明な車の査定について詳しく解説してゆきます。

 

管理人の体験談

 

実際に管理人も前回の買い替えまでは3度、下取りに出していました。車を買い替える時には、新しい車の値引きやサービス品にばかり気が向いて、下取りの査定金額については、あまり深く考えていませんでした。

 

「もう少し高く査定してくれてもいいのでは?」と疑問に思った事もありましたが、他に比較するものが無かったので、ディーラーの提示した下取り査定額で、手放してきました。

 

でも実はこれ、「かなり勿体ない事をしていたんだ」と前回の買い替えで知りました。前回は、12年乗っていたステップワゴンからカローラフィールダーに買い替えました。

 

トヨタのディーラーでの下取り査定は3万円。「古い車ですが、ウチで新車を買ってくれるなら、奮発して3万円で下取ります」と言われました。

 

まぁそんなんなものかな?と思っていましたが、一括車査定サイトで見積りを取ったところ、3社から見積もりが出てきて、最終的には8万5千円で売れました。

 

少し手間はかかりましたが、この差額でナビを買いました。